映画「0.5ミリ」安藤桃子という稀有で偉大な才能


sponsored link

 

終わってほしくないと思える数少ない映画の一本

196分、3時間16分、破格に長い

観ていると長いとは思わない、というか面白くてしかたないから、長いんだろうけどずーと観ていたいと思わせる。

内容はとてもシリアスで、社会的な問題提起ともいえるいくつかのテーマを持っているが、タッチは軽やかで、エンターテイメントのコメディとしても秀逸である。

この映画のいいところを上げたらキリがないというほど、あらゆる様々な面で優れている。しかし、それもこれも、この安藤桃子という監督の演出に支えられて光り輝いているのである。

みずみずしく、躍動感に満ちた映像

映画監督の資質にとって一番大切なものを持っている。日本の監督の歴史の中でも特筆すべき資質だろう。

全編映画の魅力に溢れている。画面が生き生とみずみずしく、躍動感に満ちている。

つまり、極めて映画的な映画になっているのである。

それは、かつての巨匠たちもなかなか持ちえなかった偉大な資質であり、才能である。

原作があり、脚本があり、テーマがあり、視点があり、しかしもし、その全てが仮に優れてたとしても、良い映画になったとしても、命のかよった生き生きとした映像を獲得できるわけではない。

そこが映画の難しいところだが、この安藤桃子というまだほとんど経験のない監督は、落ち着いてさえいる演出で、いともたやすくそのハードルを飛び越えてしまったのだろうか?

稀有な才能の誕生である。

MY評価 : ☆☆☆☆
2014年公開  196min 
原作/監督/脚本 安藤桃子
キャスト/安藤さくら、津川雅彦、柄本明、坂田利夫、草笛光子
日本アカデミー賞、上海国際映画祭等各賞多数/作品、監督、脚本、主演女優、
助演男優助演女優賞 受賞

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です