映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」 凝縮人生オン・ザ・ウェイ

気がつくと自分の人生を振り返っている映画

人はただ生きていくだけなのに

どこかで決断し

行く道を選択しなければならない

選んだ道で その人の人間性がつくられていく

誠実な人 不実な人

悪い人 いい人

大変だけど 幸せにつながる道を行く人

楽だけど 不幸につながる道を行く人

大変で 不幸になってしまう人

楽なのに 幸せになれる人

人生オン・ザ・ウェイ

自分の来た道を振り返る時、選んできた分かれ道を見つめてしまう。

正しかったのだろうか?

誰でも、少なからずいくばくかの後悔と無念さを胸に秘めて生きている。

そして誰だって、これから自分の行く先に何があるのかなんて知るよしもなく生きていく。

みんな、ただ今を何とか生きていくだけだ。

僕のオン・ザ・ウェイはどんな所にに繋がっているんだろうか?

思わずそんなことを考えてしまう映画だ。

MY評価:☆☆☆☆
2013年/2015年公開   イギリス製作   85min   原題/Locke
監督、脚本/スティーヴン・ナイト、編集/ジャスティン・ライト
音楽/ディコン・ハインクリフェ、撮影/ハリス・ザンバーラウコス
キャスト/トム・ハーディ
第16回英国インディペンデント映画賞脚本賞(スティーヴン・ナイト)
 第40回ロサンゼルス映画批評家協会賞主演男優賞(トム・ハーディ)
 第27回ヨーロッパ映画賞編集賞(ジャスティン・ライト)

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です