映画「マジカル・ガール」震撼する予測不能の物語!


sponsored link

近年これほど触発された映画もない!

監督は若干36歳だって!

自由で豊かな視線は、まるで成熟し老成した大人とラジカルな青年のコラボレーションのようだ。

人生にはあらゆることが起こり得る。

しかし、運命は皮肉な必然となって我々の前に立ちはだかる。

そう!まるで必然かのように…

本当の事って、こんなもんだろ、と言うように。

悲劇も喜劇も、常識と非常識も、全ての概念が同一の世界に同等に並ぶ。

それが、本当の我々の世界だ、と言うように。

したたかで気の利いた伏線に彩られた予測不能の物語に、僕はひきずり回される。

そして、衝撃のラストに、震撼する。

この映画を観た後では、 もう! あらゆる事が違って見えてしまう‥‥。

MY評価:☆☆☆☆

2014製作/2016公開 スペイン/フランス 127min 原題/Magical Girl

監督/脚本 カルロス・ベルムト

キャスト/バルバラ・レニー、ルシア・ボシャン、ホセ・サクリスタン、ルイス・ベルメホ

2014年サン・セバスチャン国際映画祭グランプリ/監督賞受賞

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です