映画「サムライ」虚無とセンチメンタリズムの甘美な香り!

《5400円以上ご購入で送料無料!!!》映画館用ポスターのデザインそのままがうれしい!!クラ...

香り高きセンチメンタリズム

ブルートーンの世界は孤独の香り

監督ジャン=ピエール・メルビルのブルートーンの世界が冷たく冴えわたる。

「サムライ」はフィルム・ノワールの代表作だが、メルビルとアラン・ドロンの代表作でもある。

アラン。ドロンの魅力は大きく二つに分かれる。

ニヒリズムと情熱である。

「太陽がいっぱい」「冒険者たち」に代表される情熱。

「高校教師」「さらば友よ」「仁義」そして「サムライ」のニヒリズム。

ニヒリズムの基調はハードボイルドだが同時にセンチメンタリズムの基本でもある。

もし、男らしさというものがあるとすれば、ハードボイルドほど似合うものはないだろう。

良い意味での男の本質だけがあって、余計なものが一切ない。

だから男は自分に無いものを求めて、あこがれるのだろう。

自己犠牲のラストシーンは伝説となり、以後様々な分野にコピーが氾濫した事を思えば、もはや古典なのだろう。

自己犠牲は甘美な残り香を漂わせ、見事に散っていく。

MY評価 : ☆☆☆☆★
1968年公開   仏/伊   105min   原題 Le samour 
監督     ジャン=ピエール・メルビル
撮影     アンリ・ドカエ
キャスト   アラン・ドロン、ナタリー・ドロン、フランソワ・ペリエ

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です