映画「深夜食堂」都会のオアシスがここにある


sponsored link

東京砂漠のオアシス「深夜食堂」

常連になりたい「深夜食堂」

テレビ番組を映画化する場合、良きにつけ悪しきにつけ気合が入ってる感じが伝わってくる事が通例だが、この映画はいい感じで力が抜けているところが心地よい。

ひと時の休息を得る市井の人々の溜まり場がここにある。

ここはオアシス。

そして、或る意味吹き溜まりだ。

都会の強風や荒波に揉まれさらされながら、傷つき、絶望し、途方に暮れたり、

もうほんとに、疲れてしまった人たちがようやくたどり着く場所。

ふと見ると、そこに「めし」とあるだけの暖簾を見つけた時、

吸い込まれるように、ここに来ることが決まっていたかのように、ふらりと入ってしまう。

ここは「深夜食堂」

ほのぼのと幸せな時間が流れてる。

誰だって、ここの常連になりたいと思うに違いない。

MY評価:☆☆☆★★★

2015年公開   東映   119min

原作/安倍夜郎、監督・脚本/松岡錠司

キャスト/ 小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、余貴美子、田中裕子

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です