映画「おみおくりの作法」どんな人にも想い出はある!

これが映画、これぞ映画!

孤独死の多くは誰ひとり居ないお葬式…

人は死んでしまうと、死んだその時で時間が止まってしまうが、

止まった時間の後ろ側に、過去がある。

幾重にも重なり連なる時間の過去がある。

どんな人にも人生はあり、自分が主人公の過去があり想い出がある。

たとえ死んでしまっても、

過去は誰かの中で思い出となって生きていく。

監督はラストの映像を思い描き、そののシーンを撮りたいたがための映画だったのだろう。

ありえないストーリーかもしれないけど、あり得る話しとして納得させる。

それが映画。

これぞ映画!

MY評価:☆☆☆★★★
2013/2015公開   英/伊 合作   91min
原題/Still Life
スタッフ  製作・監督・脚本/ウベルト・パゾリーニ
キャスト  エディ・マーサン


にほんブログ村


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です