人はみんなどこか違っていて当たり前


sponsored link

LGBTとノーマルの違いとは?

誰だってどこか違っていて当たり前。

人種の違い、肌の色の違い、性別の違い、人間は色んな種類に分かれて生まれてくる。

そして、どの人間も何処かに所属し、何処かに分類されいてる。

LGBTとは、性的少数者を限定的に指す言葉

レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(心と体の性の不一致)の頭文字をとった総称であり、他の性的少数者は含まないらしい。もっとも他にどんな形があるのか知らないけど。

とかく子供から大人まで、まんべんなくどの世代も少数派を攻撃し、自分は多数派の中に埋没しようとする傾向は、程度の違いこそあれ世界中あまり変わりがないようだ。

まったく人間とは面倒な生き物だ。

厄介極まりない動物だ。

何故なら、人はほっとくと、すぐに区別し、差別し、排除し、攻撃するからだ。

その理由は複雑で深刻だ。

単細胞なくせして単純になれないのが人の性なのか?

もっと単純になれたらいいのに、と単純に思うのだが…


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です