sponsored link

あの時代、僕たちは僕たちの歌を歌っていた

僕たちの青春時代、激動の時代、1970年前後、寺山修二、浅川マキ、カルメン・マキ、天井桟敷、五木寛之、野坂昭如、赤テント、唐十郎、根津甚八、緑魔子、長谷川きよし、あがた森魚、山崎ハコ、りりィ‥‥

今週もNHKBS「ザ・フォークソング~青春のうた~」は感無量の心持になった。

山崎ハコを初めて見たのは、1975年のラジオの公開放送だった。

ハコの独特なピュアな歌声がスタジオ中に響き渡った。

衝撃が走ったのは同時に出ていた荒井由実ではなく、デビューしたばかりでまだ誰も知らない山崎ハコだった。

スタジオ中にすすり泣きが聴こえていた事は、今も鮮烈な情景として忘れられない記憶である。

あれから40年以上が経ち、ハコは今もやっぱりそのままのハコであった。

そして、もうひとり、リリィ。

りりィは素敵な声のカッコいい女性としての印象以外、特に接点無かった人であったが、「私は泣いています」を歌い始めると、まさかの歌詞を殆ど覚えていた自分。

青春の同時代を生きた歌って、記憶の底にしっかりと残っているのかも…

歌うりりィの顔つきがとても優しい雰囲気で、自然と会場中に笑顔が広がっていく

まさに大人の佇まいが魅力的で、先週放送のカルメン・マキと同様の良い年の取り方をした大人の魅力だ。

2曲目に1973年の「心が痛い」。

知ってはいたが、知らない事と同じだった。

心にじかに響いてくる全身全霊の歌声は、とても胸を打った。

歌い終わった彼女の笑顔に泣けてきた。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です