映画「ジヌよさらば~かむろば村へ~」有り得ない世界観が心地いい!


sponsored link

しがらみ社会から解放された世界とは


人が社会制度のしがらみやお金から自由になるには、巨額のお金持ちになるか、全く持たないかだが、どちらも普通はあり得ない。

この映画は待たない側の夢のようなユートピアを創造してみせる。

神が随所に現れ、ピエロの役どころのように物語を導く。

人間の煩悩も、現実も非現実も何もかもがカオスのように共存する世界。

あり得ない世界観が、上滑りしそうでしないあたりが真骨頂か。

観ているうちに、何とも言えず心地よくなってくる不思議な映画だ。

MY評価:☆☆☆★★
2015公開   121min
監督/脚本 松尾スズキ  原作/いがらしみきお『かむろば村へ』
キャスト 松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行                  


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です