映画「縫い裁つ人」映画というよりコミックなら良かったのに


sponsored link

映画というよりコミックなら良かったのに

と思ったら原作はコミック池辺葵『繕い裁つ人』だった

そのことを知って、納得した。

映画が多用する思い入れたっぷりな演出とカメラワークは、コミックの自由な世界では実に効果的な手法となるが、映画では現実が足かせとなって中途半端になってしまい、作為が際立つ結果となった。

良いシーンもいくつかあるが、全てが点となって散漫だ。繋がりの物語性が弱いのが惜しい。

優れたイメージは瑞々しく表現されることもあるが、シーンの全体は感情に流れ過ぎた演出により、結局独りよがりの印象だ。

ところどころに心を動かされるシーンがあるだけに残念だった。

MY評価:☆☆☆★

2015公開   104min   配給/ギャガ
スタッフ  監督/三島有紀子、脚本/林民夫、原作/池辺葵『繕い裁つ人』
      衣装デザイン:伊藤佐智子
キャスト   中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木華


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です