「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」アカデミー会員大好き映画!


sponsored link

映画と演劇のスクランブル交差点にバードマンが飛び回る。

だって、トリ男は何処へでも行くことができるから。

バードマンは厄介だ。いつも自分に問いかけてる。

自分の存在価値は?

存在理由は?

それは、やっぱり人から求められることだろう。

それも自分の「愛する人」なら完璧だ。

「愛する人」がいて、求めてくれて、

更に、自分も愛することが出来ればなお良い。

当たり前のようだが、

これが人生難しい。

もう、人間の究極の命題だ。

世の中、それがままならずに様々な犯罪が生まれてしまう。

究極の命題はコンプレックスの衣をまとうと、強烈なスパイスで濃厚だ。

映画と演劇のスクランブル交差点にバードマンが飛び回る。

ブロードウェイを飛び回り、アカデミー会員の間を飛び回り、世界中の業界巡りだ。

そして、私たちの頭の中を飛び回る。

そんな映画。

MY評価:☆☆☆★★★
2014/2015年公開   アメリカ   119min
原題/Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
スタッフ 製作・監督・脚本/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、
     音楽/アントニオ・サンチェズ、撮影/エマニュエル・ルベツキ
キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス、エドワード・ノートン、
     エマ・ストーン、エイミー・ライアン、ナオミ・ワッツ
第87回アカデミー作品、監督、脚本、撮影賞受賞、他多数受賞

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です