ピクトグラムは「おもてなし」


sponsored link

「おもてなし」は日本の知性と見識の見せ所

2020年東京オリンピックに向けて、「ピクトグラム」こそ「おもてなし」の重要なファクター

ピクトグラム=絵文字、絵言葉、絵単語。

とにかくカタチで意味を伝えること。

東京オリンピックでは。良いピクトグラムを構築することが大きな課題だ。

ピクトグラムって、どうやら日本人の得意分野らしい。

古くは戦国時代の「のぼり旗/軍旗」は、一目で敵か味方かわかるようにする意味があったという。

昔から、日本の絵言葉のデザインのチカラは素晴らしいものがあったということだ。

だからなのか、ピクトグラムの発祥は日本であって、1964年の東京オリンピックらしい。

あれから50余年またやってきた東京オリンピックに向けて、試される日本のデザイン力。

いきなりオリンピックのエンブレムのデザインで躓いてしまい、日本のデザイン界のいろいろな意味での遅れが指摘される中、ここはひと踏ん張り世界基準のピクトグラムを構築してほしいものである。

ピクトグラムって、その国の知性や文化が如実に表れる

たかがデザインではないようだ。

その対象に対するものの考え方は、解釈の仕方によってその人、その国の考え方を表明することになるという、恐ろしいものだ。

オリンピックでは、言葉の壁を解消することが大切な「おもてなし」であることは明白だ。

東京中にわかりやすいピクトグラムが必要になる。

地域ごとに大小様々なデジタルサイネージ(映像ディスプレイ)も必要になるだろう。

日本の知性と見識の見せ所だ。


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です