映画「ぼくのエリ 200歳の少女」センスのきらめきが炸裂する!

 

センスの塊のような映画

音と映像のマッチング。カメラアングルやカット割り等々どれをとっても秀逸。

中でもいじめの報復をするプールでのシーンは出色だ。

水中の「無音」、「真っ赤」に流れる血の色、有り得ない「動き」のアンサンブル。

抜きんでたセンスのきらめきが炸裂している。

ショッキングで、残酷で、そして、美しい。

全編を通して流れているトーンは、静謐な深い哀しみ。

死ぬことの許されないヴァンパイヤの絶望的な哀しみが胸を打つ。

ヴァンパイヤ物の中でもベストピクチャー

尚当然だが、ハリウッド版リメイクも健闘はしていたが、遥かに及ばなかった。

MY評価 : ☆☆☆☆
2010年公開   スウェーデン   115min   
原題 Let The Right One In(正しき者を招き入れよ)
監督/トーマス・アルフレッドソン、
音楽/ヨハン・セーデルクヴィスト、撮影/ホイテ・ヴァン・ホイテマ
キャスト    リーナ・レアンデション、カーレ・ヘーデブラント
オースティン映画批評家協会賞受賞 
英国アカデミー外国映画賞、ヨーロッパ映画賞作品賞、音楽賞 ノミネート

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です