映画「氷の接吻」陶酔こそ映画だ!


sponsored link

何故、こんなにも、この映画が好きなのだろう?

今まで何度も観た映画なのに、ネットの無料動画で発見して、久しぶりなので思わず連続で2度も観てしまった!

アシュレイ・ジャッドがあまりにも魅力的だからだろうか?

ユアン・マクレガーが初々しく、懐かしいジュヌビエーブ・ビジョルドが感銘的な演技を見せるからか?

的確で魅惑的なカメラワーク、アングル、編集、そして感情をかきたてる効果音ともの悲しいバラードのアンサンブル。

物語は極めてインモラルだが、その世界に意味を持たせたり肯定したりはしない。

それはこの物語を効果的に描く背景なのであって、決してそれ以上ではないからだろう。

魂に傷を負ってしまった男と女の運命定な出会いを、ひりひりするようなスリルとサスペンスの中で描かれるのは、やるせなく切ない陶酔の愛の物語の顛末である。

つまりは一流のサスペンスに彩られた魂の再生物語なのだ。

おまけに極め付きのラブストーリーなのだから、たまらない!

陶酔こそ映画だ!と思わせてくれる希少な映画である。

MY評価:☆☆☆☆

1999年製作・2000年公開 アメリカ 107min 原題/Eye of the Beholde

監督・脚本/ステファン・エリオット 原作/マルク・ベール

撮影/ギイ・デュフォー 音楽/マリウス・デ・ブリーズ

キャスト

アシュレイ・ジャッド、ユアン・マクレガー、ジュヌビエーブ・ビジョルド

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です