映画「マジック・イン・ムーンライト」恋のマジック金魚


sponsored link

人間は、水槽の水を換える人を知らない金魚と同じだ

と映画は言う。 

人は何も知らないちっぽけな存在だ、と言う。

人生では、知らないままでいることの方が良いこともある。

そのままそっとしておこう。

知る必要はひとつもない。

秘密は甘く危険で、時としてひどく残酷だから。

それが秘密で無くなった時、何もかもを失ってしまう。

何も残らない。

すべては灰色の世界に溶け失せ、輝いていた想い出も無残な壁の染みとなるだけだ。

ウソのある人生の方が幸せだ とニーチェも言っていたらしい。

秘密の香りを全篇に漂わせる恋のマジック

それも皮肉に彩られたユーモアで、見事に僕たちを秘密の恋のマジックに誘うのだ。

人生最大のマジックは「恋」なのか。

人は誰でも恋に落ちるもの。

何故なら、僕たちは水槽の水を換える人を知らない金魚なのだから。

MY評価:☆☆☆★★★

2014/2015年公開   米/英合作   97min   原題/Magic in the Moonlight

監督・脚本/ウディ・アレン、撮影/ダリウス・コンジ、編集/アリサ・レプセルター

キャスト/コリン・ファース、エマ・ストーン

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です