映画「ネスト」これぞ何とも言えないヤバイ映画!


sponsored link

ホラーでサイコなサスペンス!

愛に飢えた狂気の女

父親による身的&心的外傷後ストレス障害から広所恐怖症になり

家を出られなくなった女は、まるで映画「ミザリー」のキャシー・ベイツのようで、おぞましく恐ろしい。

なんてたって、男を捕獲してしまうし、更には腐りかけてる男の足をベッドに縫い付けてしまうところは、大した衝撃だ。

さらに、それも序の口と言う程にそんなスプラッターシーンをたたみ掛けてくるのだからたまらない。

とは言え、寸前でグロくならずに済むところはこの映画の優れているところ。

ここまでくると、好みに寄るところが大きいと思うが、この映画は楽しいほどにホラーでサイコなサスペンスぶりは、なかなどうして見事なものなのだ。

ミザリーの二番煎じな部分はこの際どうでもよくなってくる。

MY評価:☆☆☆★★
2014年公開   スペイン/仏合作   92min   原題/Musaranas
スタッフ  監督/フアン・フェルナンド・アンドレス 、エステバン・ロエル
キャスト  マカレナ・ゴメス、ナディア・デ・サンティアゴ、ルイス・トサル


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です