若くても沁みてくる、高齢者の応援歌 !


sponsored link

「夜明けのメロディー」

 五木寛之/作詞、弦哲也/作曲、歌/ペギー葉山

〽 愛して 別れて

また どこかで 逢えればいい

ちいさな幸せでも

大事にしましょう

そっと口ずさむのは

夜明けのメロディー 〽

五木さんが言うには「高齢者の応援歌」

歳をとると、早寝早起きになって3時頃に目が覚めてしまうこともある。

でもこんな早く起きるとみんなに迷惑だから、イヤホーンでラジオを聴きながら布団の中で5時か6時頃までじっとしてる。

そんな時に聴こえてくる歌があればいい、と思い作った歌だそうだ。

長い人生、人はいろいろな人に出逢う。

しかし、出逢いは別れの始まりだ。

いつか必ず別れる時がやって来る。

どんな形であれ、別れはやって来てしまう。

でも、人生、それでいい。

かつて愛した人も、今はいない。

愛して、別れて、いつかまた何処かで逢えばいい。

きっとそんな日が来ると、思えばいい。

そんなことをつらつら想う、「夜明けのメロディー」でした。


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です