sponsored link

2015/7/6

 

なでしこ達のあらゆる想いを、アメリカの勝利への渇望の勢いが粉砕した。

 

負けてしまった悔しさは噛みしめるしかない。

石清水、沢、宮間、みんな精一杯戦う姿はとてもカッコいい。

2015女子ワールドカップサッカー の決勝の記憶は、敗者となったなでしこ達の姿として、自分の中で確かな記憶として残っていった。

勝者と敗者しかいないスポーツの世界は、単純明快に潔く残酷だ。

だからドラマは生まれ、僕たちの心に何かがとどく。

2015女子ワールドカップサッカー は終わった。

そして次の戦いに、ドラマは引継がれていく。

2015/7/6


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です