映画「復讐のセクレタリー」恐怖の母性愛、深く静かに疾走する!

母性愛が狂うとき

愛の怖さ、想いの深さの恐ろしさ、絶望的な喪失感は憎しみへと転化して復讐へと駆り立てる。

手間と時間をたっぷりかけて、深く静かに復讐は疾走していくのだ。

もう、誰にも止められない。

ここまで徹底的に復讐に燃え、着々と実行していくところは胸のすく思いすらするが、

反面復讐される側の都合にも同情してしまうのは、多分観る人の殆どだろうと思われる。

それほど復讐する女の情念は、徹底的に過激で残酷だ。

テーマは子を失った母の心はどれほどの哀しみなのかを描ききることでもあるが、

もう一つナタリー・バイという稀有な女優の魅力を余すことなく見せることだっただろう。

復讐する過程で見せる様々な女の側面が実に魅力的に描かれる。

ナタリー・バイ・オン・ステージ!

MY評価:☆☆☆★★★
2015年製作/2016.3.18WOWOW日本初公開    88min
フランス・ベルギー・ルクセンブルク合作
監督/クリストフ・アリ、 ニコラ・ボニラウリ
キャスト/ナタリー・バイ マリー、 マリック・ジディ


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です