大坂なおみ選手のポテンシャルとは?


sponsored link

ポテンシャルの凄みを見せつけた試合だった

dsc_0246正直言うと、まさかの決勝戦。

そこまでの怒涛の快進撃。

決勝戦は負けたとはいえ、結果的に大坂なおみのテニス選手としてのポテンシャルの凄さを証明した試合となった。

一年前の東レでは決勝戦後の女子ダブルスのエキシビジョンマッチに17才で登場していた。

あまりのサービスの速さにノボトナとマヨーリの二人でリターンポジションについたのだがが、ふたりのど真ん中にサービスエースが炸裂したことを覚えている。ノボトナの呆れた顔が印象的だった。まだ200位台の頃だ。

そして一年経ち決勝戦で戦っているなんて、まさにドリームガールだ。

今回負けはしたが、時折見せた彼女のプレーは驚嘆に値するものだった。どんな状況からでもリミッターを外したかのようなショットが出現する。もう、笑うしかないという類いのものだ。観ている人は有り得ないプレーが突然出現するカンジだ。相手選手の受けるダメージは相当なものがあるだろう、と十分に推測される。まさに力の凄さを見せつけるようなプレーだ。

これからの彼女は、怪我をしないからだづくりがとても重要なことになる。決勝戦の途中から肩の腱鞘炎の痛みでまともなサービスが打てなくなった。時速200Kmのサービスを打つということはそれだけ体の負担も大きいということ。怪我さえなければどこまででも上がっていきそうな勢いが、今の彼女にはある。

土居美咲選手とどちらが先にトップテン選手になるのか、とても楽しみだ。

まずは、ランキング30位以内が目標となるのだろう。

グランドスラムのシードの常連になることが自信と経験値を高めることになり、さらに上を目指すことに繋がっていくからだ。


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です