番外篇 「夏の終わりに BEST5」


sponsored link

夏の終わり は特別だ

切なくて せつなくて セツナクテ  だから観たくなる 夏のシネマ 5本選びました。

1)一本目はやっぱり、なんといってもこれ!

「おもいでの夏」

1971年公開 アメリカ 104min 原題/The Summer of 42′  青春ロマンス 監督/ロバート・マリガン、撮影/ロバート・サーティーズ、音楽/ミッシェル・ルグラン、キャスト/ジェニファー・オニール、ゲイリー・グライムス    1971年アカデミー作曲賞受賞

青春グローイング・アップ

切なく、哀しく、やるせなく、
 もうこれは、究極の青春の理想 
 
ジェニファー・オニールが
美しすぎて、一生立ち直れない
本気 のトラウマになるのかも
特にこの映画は観る時期を選ぶ 
ので要注意。 
もし、10代の前半に観ようものなら 
完全にやられます!

MY評価 : ☆☆☆★★★

2)これは外せないでしょ!

  「ビッグ・ウェンズデー」

1979年公開 アメリカ 119min 原題/Big Wednesday 青春ドラマ  監督/ジョナサン・デミ、キャスト/ジャン=マイケル・ビンセント、ウィリアム・カット、ゲイリー・ビジー

喪失の物語こそ青春を彩る、最大の1ページなのかもしれない。

大切なものは、
失った悲しみの中にこそ
秘められているのだろうか。

ビッグウェーブに立ち向かっていく
3人の男たちの後ろ姿は、

すこし眩し過ぎて、

心が痛い。

MY評価 : ☆☆☆☆

3)野心の疾走!

  「太陽がいっぱい」

1960年公開 仏/伊合作 118min 原題/Plein soleil サスペンスドラマ 監督/ルネ・クレマン、撮影/アンリ・ドカエ、音楽/ニーノ・ロータ、キャスト/アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ

 

まだ、何物でもない

青春の光と影


心を貫く焦燥感が
欲望の疾走へと
駆り立てる。

「あぁ‥‥太陽がいっぱいだ!」

アラン・ドロンって
こんなにカッコ良かったっけ。
世界中が彼に夢中になったのも
ナットク。

MY評価 : ☆☆☆☆★

4)恐ーいのも必要でしょ!

  「JAWS/ジョーズ」

1975年公開 アメリカ 124min 原題/Jaws スリラー 監督/スティーブン・スピルバーグ、音楽/ジョン・ウィリアムス、キャスト/リチャード・ドレイファス、ロバート・ショウ、ロイ・シャイダー

 

夏は海!海は恐い!

何故なら、ジョーズだから!


弱冠27才の青年スピルバーグのもと
に集結したきらめく才能集団。
第一級の脚本、演出、音楽、撮影、
名優たちの演技アンサンブル。

恐怖を描いてこれほどエンターテイ
メントとして成功した映画はないだ
ろう。

忘れてはならない夏の映画の一本。

MY評価 : ☆☆☆☆

5)〆はこれ!

  「スタンド・バイ・ミー」

1987年公開 アメリカ 84min 原題/Stand by me グローイング・アップ青春ドラマ 監督/ロブ・ライナー、主題歌/ベン・E・キング、原作/The body(死体)、キャスト/リヴァー・フェニックス、ウィル・ウィトン、キーファー・サザーランド

子どもの頃、 夏休みは何かが起こる予感で ドキドキしたものだ。

冒険がすぐそこにあるカンジ!

二度と帰らぬ思い出は、

ベン・E・キングの歌声と共に

永遠の彼方に‥‥

MY評価 : ☆☆☆☆


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です