0

映画「ザ・ロック」マイケル・ベイの世界はすでに完成していた!


sponsored link

「ザ・ロック」には、後の「アルマゲドン」と「トランスフォーマー」の全てがあった。

マイケル・ベイの世界の完成形すでに此処にあり!

今、「ザ・ロック」を観るというのは、思いがけない発見があって、面白かった。

ほとんど20年ぶりに観たわけだが、「アルマゲドン」も「トランスフォーマー」もすでに観ているうえで、その前に製作した作品「ザ・ロック」を観るということは興味深かった。

ストーリーテリングにおける効果音の傾向と使い方、カメラワーク、マイケル・ベイ特有の多少けれんみの有るカタルシスの作り方、もうすでに完全に出来上がっていたことに驚かされた。

確かに、当時も非常に面白く興奮したあの感覚を今も思い起こさせるが、その後の作品群はこの作品が原型にあったことがよくわかる。

キャストも素晴らしく、苦悩するエド・ハリスの渋さ、若かりしニコラス・ケイジの生きの良いマッチョぶり、やっぱりカッコいいショーン・コネリー。

MY評価 : ☆☆☆☆
1996年公開   アメリカ   135min   原題/The Rock
製作/ジェリー・ブラッカイマー、監督/マイケル・ベイ
製作総指揮/ショーン・コネリー、撮影/ジョン・シュワルツマン
キャスト/ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス

sponsored link

0

映画「ターミネイター」今まで無かった無敵キャラ!

 

地球存亡の危機は、なんてったってポップコーン片手に観なきゃね!

シュワちゃん映画はどれも粒ぞろいだが、やっぱこれでしょ!

でもまさか、「I’llbeback」が決め台詞となって30年の時を超えたり、

シュワちゃんが国会議員になったりとは、想像すらしなかった…。

人生何が起こるかわかったもんじゃない!

この映画のヒロインも、いきなり抹殺されそうになったり、救世主の母親だなんてことになっちゃうしで、話が面白いよね。

それに、シュワちゃんの圧倒的な肉体がまさにターミネイターにぴったりで、ザ・マシーンだった。

さらに良かったのが、シュワちゃんのターミネイターは感情が無さそうでいて微妙に有りそうなところ。

今まで無かった無敵キャラ。

みんなの心を鷲掴みだね。

MY評価 : ☆☆☆☆
第一作
1985年公開   米/英合作   108min  
原題 The Terminator(後年にスラングで<抹殺者>の意味となる)
監督     ジェームズ・キャメロン
キャスト   アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン 
0

映画「キック・アス」不道徳映画の決定版!ニッコリ笑って切り刻む!

 

痛快!!不道徳映画の決定版!

クロエちゃん、ニッコリ笑って切り刻む!

クロエちゃんがニッコリ笑いながら、軽快なリズムの音楽に乗せて、悪者をサクサク切り刻んでいく!

こんなの許されるのか?

ホントにいいのか?

でも、正直に言うと、この爽快感がたまらない。

何故なら、可愛くて、ポップで、楽しく、キレイで、そして、面白いから!

これぞ不道徳!

なので、不道徳に向いてない人と、

気の弱い人お断り映画。

MY評価 : ☆☆☆☆
2010年公開   英/米 合作   117min  原題 キック・アス(サイコーだぜ!)
監督     マシュー・ボーン
キャスト   クロエ・グレース・モレッツ、アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ
リチャード・アッテンボロー映画賞・ライジングスター賞/クロエ・グレース・モレッツ
英国インディペンデント映画賞/作品賞、監督賞、脚本賞 ノミネート