映画「ハドソン川の奇跡」しみじみと観て良かった!


sponsored link

クリント・イーストウッド作品、今回は特に良い出来

簡潔にして充分な満足感を味わうことが出来る。

無駄を省いた演出が実に気持ちの良いものだということが、これほどよくわかる映画もない。

と言っても、ストーリー構成はなかなか複雑で手が込んでいる。ただ、それをとてもスマートに展開させていく脚本と演出の妙が大したもので、唸るしかない。

イーストウッド作品、やっぱり今回も傑作だった。

アカデミー賞候補も間違いないところだろう。

アメリカの良心がテーマだけに、作品賞はかたいところか。当然監督、脚色(原作ありのため脚本ではない)、そしてトム・ハンクスの主演男優、アーロン・エッカートも望外に良くて助演男優、というこの辺りの候補が有力だ。中でも一番有力な受賞候補は脚色かもね。大作ではないので、脚色賞一つということもある。ついでに言うと、意外にいい加減なアカデミーなので、原作がありながら脚本賞としてノミネートされるということもあるけどね。そして、もしいい風が吹けば5部門すべて受賞もあるかもだ。

来春のお楽しみ。

MY評価  ☆☆☆☆

2016年   アメリカ   96min   原題/Sully

製作/監督   クリント・イーストウッド
脚本      トッド・コマーニキ

キャスト    トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です