還暦過ぎてセブンでバイト!VOL1


sponsored link

2016/3/21

セブンイレブンでバイトを始めた!

現在62才、5月で63才、男、年金受給中。    

仕事辞めてから3年経ち、そろそろ少し働いてみるかなと65才までの年金フル支給までの2年余りを働くことに決めた。

条件に合致する働き口はコンビニなのだと気づき、セブンイレブンで働くことにした。

コンビニで働く理由

1)シニアもOK。

2)曜日、時間を選べる

3)週何日でもが可能

4)短時間も可能

結果、13時~17時、週3日 に決定。

今まで週4回テニスをしていたのが2回減ってしまうけれど、今までがやり過ぎなので丁度いいかも。

時給¥907 なんと!東京都最低賃金!!

ちょっとびっくりしたが、まあいいか。

今日で4日目を終了。

初日と2日目は2時間。3日目から4時間勤務。

ここまでの感想は、一言で言って、コンビニ勤務はむずかしー!

働いてみていやだなーっと感じることが二つ。

1)仕事初めの儀式

以下の「誓いの言葉」と称する文章の真下に鏡が置かれていて、その鏡の自分に向かって、なんと音読するのだ。

~誓いの言葉~

今日も一日 私たちは自信と情熱を持って

お客様には最大の満足を

お店に商品に対し 深い愛情を注ぎ

奉仕の精神を忘れることなく

自ら希望達成のために 努めます

~接客七大用語~(これは一つづつ言い終わったらお辞儀をするのだ!!)

1、いらっしゃいませ

2、はい、かしこまりました

3、少々お待ち下さいませ

4、申し訳ございません

5、ありがとうございました

6、またお越し下さいませ

だからお辞儀は6回、鏡の自分に頭を下げる!

初めは、かなりショックでオレ大丈夫か???

相当な抵抗を押し隠し決行する!

うーーー、辛い!

抵抗感ハンパナイ。

ところが、4日目、思いがけず慣れた!

全然いける。なーんてことないって、一応思った。

2)服装の決まり。

ネクタイにシャツ、ダーク系の綿パンツでジーンズ禁止、黒系のスニーカー。

せっかくサラリーマンを辞めたのにマジかよ!と思ったが、これも案外どうってことなかった。

案外オレ自分で思っているより何でもいいんだなと思った。

こだわりが無いのは自分としてはとても良い事なので、ヨカッタ、ヨカッタ。

それより何より問題は、コンビニ作業の難しさ!

みんさん、やさしく慰めてくれたり元気づけてくれる。(今だけかも…)

初めから出来る人はいないとか、徐々にだからねとか、色々と言ってくれる。仏の顔も三度までと思い頑張るが、4度5度と続くとさすがに焦る。

正直言って、出来ない自分が受け入れにくい。60過ぎて全く畑違いの仕事をするという事は、なかなかどうして大変なことだなと実感。若い時と違って頭が回らない。コンビニの作業は煩雑且つお客さんが待っているさ中では、自分のペースで覚えることなどできない。出来ないことを繰り返すことで徐々に出来るようになっていくしかないというかんじ。

つまり今は仕事が出来ない自分と向き合ってるわけで、このままだと出来ない自分に自信を失ってしまう。

だから何が何でも一人前になるしかない

目標は一人前のコンビニマン。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です