丸山議員の久々笑えた、議員になっちゃいけない人発言!


sponsored link

久々笑わかせてくれた発言

自民党の丸山和也参院議員は2月17日の参院憲法審査会で、アメリカのオバマ大統領 を引き合いに「アメリカは黒人が大統領になっている。これは奴隷ですよ。建国当初の 時代に、黒人・奴隷が大統領になるなんて考えもしない」と言ってしまった。

愚かというよりあまりに間抜けなカンジに、思わず笑ってしまった。

公人と私人の意識もなければ、あってもすぐにごちゃごちゃになるような人が政治家になるのか、政治家になるとそうなってしまうのか?

普通は人種についてや、奴隷みたいな差別的な文言を使うときは頭の中で危険信号がピコピコと鳴るはずなんだけど、こういう人はそういう機能が初めから備わってないらしい。そうでなきゃ、あんなにあっけらかんと無邪気な発言はあり得ないよね。おまけに「意図するところと違う発言をした」と言っているらしいが、当たり前だ。そんなことはみんなわかってる。

こうなると、発言の内容なんか関係なくなるところがなんとも哀しい。ここで僕たちが問題だと思ってることは、丸山議員のその非常識な人間性というか、モラル観というか、とにかく丸山和也参院議員そのものということになる。公人として僕たちの税金で活動するあなたの資質に問題あり、と公然とばれてしまったわけだが、本人がそのことに気がつくとは思えない。

気がつくぐらいなら元々政治家にはならないのかな?


sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です