映画「ローマの教室で、我らの佳き日々」寡黙ながらも饒舌に


sponsored link

視点がどこまでも暖かい

寡黙な佇まいながらも饒舌な映画


教育に対して若く情熱に溢れた高校の臨時教員、かつての希望も情熱も今は消え失せ死ぬことさえ身近になっている老教師、規則、規律を重んじることでなんとか気持ちと学校経営を支えている中年の女性校長先生、それぞれに抱えるジレンマに悩みながらも生きていく姿を、暖かく見守る映画である。

けっして、性急に答えを出そうとはせずに、いたって自然に無理しないスタンスを守り抜く。

答えを出そうとしないところが、心地良い。

目線が低くもなく、高くもなく、自然な高さで物語る。

まるでドキュメンタリーのような趣きだ。

カメラはドラマを語り、そして見守る

映画は唐突に終わりを迎える。

そして、本当に何も解決されていないことにしばし呆気にとられるが、すぐに気がづく。

リアルな現実を描いていることに。

この映画は決して無理にドラマを作らなかった点がいいところ。

ラストで更に気づかされる。

何も説明せずにとても多くを語っていたことに。

実は脚本と演出が周到に練られていたことに思い至る。

3人の役者もしみじみ良くて、さりげない秀作という言い方が良く似合う。

MY評価 : ☆☆☆★★★
2014年公開   イタリア   101min
原題:Il rosso e il blu/原案:マルコ・ロドリ著「赤と青 ローマの教室でぼくらは」
監督・脚本/ジュゼッペ・ピッチョーニ
キャスト/マルゲリータ・ブイ、リッカルド・スカマルチョ、ロベルト・エルリツカ

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です