映画「余命90分の男」遺作となった皮肉なコメディー

 

わかりやすくお約束の展開だが…

ヒロインのミラ・クニスの勢いがいいアクセントになっていて、

ロビン・ウィリアムズも奮闘し、最後までふたりの魅力でもっていく。

彼の遺作となってしまったこの作品はとても皮肉な内容だが、彼の演技がいいだけによけいに身につまされる。

この時彼は、いったい何を思って演技をしていたのだろうか?

鬱病による薬物依存から自殺に至ったと聞いているが、

彼のいつもの慈愛に満ちた眼が忘れられない。

MY評価 : ☆☆☆★
2015公開(2014年アメリカ公開) アメリカ 84min 
原題/The Angriest Man in Brooklyn(ブルックリンで最も怒った男)
監督/フィル・アンデン・ロビンソン、撮影/ジョン・ベイリー
キャスト/ロビン・ウィリアムズ、ミラ・クニス

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です