映画「ライアンの娘」もう二度と味わえない、この空気感!


sponsored link

デビット・リーンとモーリス・ジャールのコンビ

もう、二度とこんなスケールの大きな映画を観ることはできないのか?

広大な自然をバックに、骨太なテーマと繊細な演出で描かれる世界は、デビット・リーン独自の世界だ!そこに、モーリス・ジャールの壮大でいてリリカルなメロディーが映画全体を支えているのだ。

何故だかわからないが、「アラビアのロレンス」とか「ドクトル・ジバコ」のような映画ってもう出てきていない。

単に、映画製作の環境の変化だけではないのだろうか?

やっぱり、唯一無二の才能って存在するのかもしれない。

この空気感、もう味わうことは出来ないのかもしれない。

そんな映画。

MY評価 : ☆☆☆☆
1970年公開   イギリス   195min   原題 Ryan's Daughter
監督     デビット・リーン
音楽     モーリス・ジャール
撮影     フレディ・ヤング
キャスト   サラ・マイルズ、ロバート・ミッチャム、ジョン・ミルズ、
       クリストファー・ジョーンズ
1970年アカデミー助演男優賞、撮影賞受賞

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です