映画「シベールの日曜日」忘れることのできない記憶!


sponsored link

たとえようもない静謐な世界に息をのむ!

アンリ・ドカエの織りなすモノクロの世界は、二度と忘れることのできない記憶となる!

リリカルでポエティックで、

そしてシリアスな世界は、

観た人の心に深く突き刺さる。

観てしまったら最後、

この世界に捕らわれる。

世界中にこの映画の捕らわれの身になってしまった人たちがどれだけいるのだろうか?

パトリシア・ゴッチは危険なほどにヤバイ魅力だ。

永遠のシネマ!

MY評価 : ☆☆☆☆★
1963年公開(東和) フランス  116min  
原題 シベール、或はヴィル・ダヴレイの日曜日(パリ郊外のヴィル・ダヴレイが舞台)
監督/脚本   セルジュ・ブールギニョン
撮影      アンリ・ドカエ
キャスト    ハーディ・クリューガー、パトリシア・ゴッジ   
1962年アカデミー外国映画賞受賞
1962年ヴェネチア国際映画祭  特別表彰

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です