映画「暴力脱獄」粋でクールで優しくて…

ポール・ニューマンが造形する、粋でクールで優しくて、不屈の男!

いまだかつて、これ以上クールな男がいただろうか!

ブルーアイズよ永遠なれ。

これぞアメリカ映画の真のヒーローだ。

古典というほど真似されたこの設定と展開は、今だに色あせることは無い。

それにしても、このひどい邦題は犯罪的ですらある。

MY評価 : ☆☆☆☆★
1968年公開   アメリカ   126min   
原題 Cool Hando Loke(何も持たないルーク)   
監督     スチュアート・ローゼンバーグ
キャスト   ポール・ニューマン、ジョージ・ケネディ

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です