映画「私の男」二階堂ふみの匂いがする!


sponsored link

 

キーワードは匂い

男と女の究極のつながりを描いて、これほど映画的な魅力に満ちた日本映画は、

大島渚の「愛のコリーダ」以来。

キーワードは匂い。

「愛のコリーダ」もそうだったように、匂いの共有こそが男と女の決定的な繋がりでもあるかのようだ。

二階堂ふみという女優の存在感は、なにもかもを圧倒してしまう。

明らかに特別な才能が、彼女にはあるようだ。

この映画の彼女のエネルギーはとてつもない。

二階堂ふみの匂いにあてられないよう、要注意!

MY評価 : ☆☆☆☆
2014年公開   日活     129min
監督       熊切和嘉
原作       桜庭一樹
キャスト     二階堂ふみ、浅野忠信、藤竜也
第13回ニューヨーク・アジア映画祭(2014年)ライジングスター・アワード(二階堂ふみ)第36回モスクワ国際(2014年)/最優秀作品賞、最優秀男優賞(浅野忠信)       第38回日本アカデミー賞/優秀主演女優賞(二階堂ふみ)          
第69回毎日映画コンクール/日本映画大賞

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です