映画「ハンナ・アーレント」自分の中にもある?悪の凡庸さ!


sponsored link

人はなぜ平然と巨悪を行うことができるのか?

答えはハンナ・アーレントが名付けた「悪の凡庸さ」!

巨悪とは特別な悪であり、特別な人間のみが行えるはず?

僕達とは関係ない事って思ってたのに…

どうも違う…らしい。

無関心、従順、平凡、普通、そんな当たり前の中から生まれてくる「悪の凡庸さ」

観客は自分の心の中を覗き込むこととなり、

恐怖とともに自分の「悪の凡庸さ」に気づくこととなる。

戸惑い、うろたえ、そして、恐れ、

ラストのハンナ・アーレントの「8分間のスピーチ」に感銘し、

すこしだけ、救われる

MY評価 : ☆☆☆★★★
2013年   独/ルクセンブルク/仏 合作   114min  原題 Hannah Arendt 
監督・脚本/マルガレーテ・フォン・トロッタ
キャスト/バルバラ・スコヴァ
2013年ドイツ映画賞     作品賞、主演女優賞受賞
2013年バイエルン映画祭   主演女優賞受賞

sponsored link

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です